サクラマスの毛鉤仕掛けとバケ

【バケ釣りの仕掛けについて】

竿やリールに比べたらやや軽いですが、それでも棚があってても釣れないこともあり、やはり疎かにできません。

 バケ釣りの仕掛けは、北海道では各メーカーからサクラマスの仕掛けと銘打って出されていますが、大体既製品を買えば問題はありません。

 太平洋側では、基本的に緑と黒の毛鉤の物を買えば問題ありません。

 仕掛けの細部については、針の大きさはマスの針の16号、鳥の毛の多さは特に多くなくても良いです(ダブルでなくても可)。

これは、毛が少ないと水の抵抗がなくなり、仕掛けがより早く泳げるという点があります。

また、毛の量が多くなると、毛鉤にボリュームがでるので、ベイトの状況により毛の量を調整することもありますが、概ね普通の毛の量で大丈夫です。

むしろ、シンプルなのがベストで、いろいろ付いた派手な仕掛けはかえって釣れません。(値段が高いだけですので)

針の間隔は1.5mが推奨で、1.2mでは広く棚を探ることができず、逆に2m近いとかえって取り込みが大変というデメリットもあります。

針の本数は、5本が標準で、たまに7本とか使う人もいますが、オマツリをしたり、慣れてないと手前マツリも発生するのでお勧めできません。

上から3番目の針と一番下の針にはタコベイトを付けるのが標準的です。このタコベイトのサイズは1.5サイズで、ケイムラカラーの紫系統、黒系統、ピンク系統などが一番実績があります。

 ハリスの長さは、タコベイトがついてない針は、45センチ、タコベイトが付いている針は40センチで作成します。

タコベイトが付いている箇所は、タコベイトがずれないようにしっかりと固定します。(針から3センチぐらい上で、タコベイトの足が針のチモトにかかるようにします。)

 ハリスの太さは、10号が標準で、これより細いとオマツリしたときなどに撚れたりするので、太い方が無難です。

太くても食いには関係がありませんが、大体10~12号ぐらいが標準です。また、サクラマスは金属の音を極端に嫌うそうで、枝スの連結については、遊動ビーズを使用します。

サイズはL~LLを使用します。色については、特に制限はありませんが、私は無難にクリア―カラーを使用します。

いろんな色がありますが、大体シルバー、アワビのみでいけます。曇っている時は赤が良かったりします。
いろんな色がありますが、黒と緑ばかり使います。バケ尻には紫を使います。

 ステキ針さんの仕掛けや、恵庭市にあるヤマト釣り具さんのST150という仕掛けが一番お勧めです。

 なお、仕掛けに潮切り板を付ける考え方がおかしな釣り人もいますが、集魚板やこの類のものは、オマツリを頻発させるので絶対に使ってはいけません。

バケ釣りの仕掛けは、五本の毛鉤に一番下の錘代わりのバケのお尻からも針が出ています。

このお尻から出る針については、ハリスの長さは45センチ~50センチぐらいで、針の数はダブルとシングルがありますが、最初慣れない内は、ダブルでやってみて、慣れてきたらシングルを使うと良いです。

 スナップについては、前述したようにサクラマスは金属音を嫌うので、なるべく小さめのものを使い、かつその数も必要最小限にします。

 また、サクラマスのこのバケ釣りでは、カグラという貝を使った大きなビーズのようなものを付ける人もいますが、これは一長一短なので、オマツリのデメリットも考えると特に使用する必要はないと考えています。(そんなものを使わずとも竿頭を取ることもできますし)

仕掛けは1セット3000~4000円程することもあり、自作をされる方が多いです。

サクラマスのバケ釣りで実績のあるバケのカラー
サケジラミことシーライスという寄生虫、人には害を加えません。
自作はこんな感じです。これはバケ尻の分です。
仕掛け、毛鉤作成に必要なものです。白いのはシロクマの毛です。
初期投資は、5万円程かかりますが、もとは取れます。
マイラーチューブがないと釣れないです。やはり、かなり差が出ます。
目はジャングルコックの羽が高いので、消耗品として目玉シールで作ります。

その場合は、フライを作る道具を使用します。

バイスに、セキイト、セメントに目玉シールやジャングルコックの羽、そして緑と黒、紫の羽毛、マイラーチューブの金と銀(緑には金、黒には銀を使用)、その他にはケイムラのティンセルなどを使用します。

 針のサイズはタコベイトを使わない針にはフカセの15号、タコベイトを使う針にはフカセの16号を使用します。

なお、17号以上の針を使うとマスが小さい場合はヒット率が若干落ちますのでご注意を。