【バケ釣りのリールについて】

上の写真は、 サクラマスには最高のリール ダイワ16シーボーグ300MJ ラインはPE3号400m

 バケ釣りで使うリールは、ダイワなら300番サイズ、シマノなら2000番サイズが推奨です。

この釣りは前述したように、ひたすら竿を上下に動かす釣りなので、リールが重いとそれだけで非常に大きな負担になります。

よく沖五目の釣りとの兼用でダイワの500番サイズ、シマノの3000番サイズを使う人がいますが、たいていすぐに疲れてしまい、置き竿にしたりして、オマツリを引き起こしてしまいます。

 逆に、ダイワの200番サイズを使うとなると、バケの重さが700gもあるため、リール自体に負荷がかかりすぎるのでかえって良くありません。

 特に、バケの重さ+スケソウダラのような外道が針数付くとリールのモーターがやられます。

 したがって、推奨サイズのリールがやはり一番使いやすいです。

使ってみてレスポンスが微妙だったシマノビーストマスター2000
多分、瞬間的な合わせがいるこの釣りにはあまり向かない気が・・・

(これを使っている時に2回フッキングミスが発生(シーボーグなら0なのに))

糸の太さについては、PE3号が標準となります。

この太さは、バケを振る際に抵抗を少なくするためにも重要であり、細ければ細いほど良いのですが、強度との兼ね合いで一番PEの3号が無難です。

どんなに太くても4号までで、これを守らないとオマツリの原因となります。

 北海道の釣り新聞などでPE5~6号のような非常に太い糸を使うことを紹介するこの釣りを全く知らない方がいますが、これに従うと船長に本気で怒られます。

前述したように、抵抗を少なくしてバケを動かさないといけない釣りなのに、抵抗を大きくすると外道の宗八ガレイやスケソウダラが先に釣れ、サクラマスがヒットする確率が格段に落ちるだけでなくオマツリの可能性が上がるので、絶対にこのような太い糸は使ってはいけません。

 なお、PE3号はすぐに切れるという人がいますが、北海道でバケ釣りを3年ずっと毎週土日や平日の休みの際に通っていましたが、一度もメインのPEのブレイクはありませんでした。

逆に言えば、すぐに切れるという人はオマツリの時に無理にラインを扱ったりしたのが原因で、ラインの太さがどうこうではなく、その人の技量の問題になります。

そう簡単にPE3号は切れませんのでご安心を。

ショックリーダーの有無については、私は付けています。

長さは3ヒロ、ナイロンの10号を用います。この理由としては、オマツリが発生することが多い釣りなので、オマツリをほどく際に船底にこすることも多く、PEラインにダメージがいき、高切れを防ぐためです。

 また、サクラマスのバレを防止するために、竿が硬いのを上手く調整するために使用しますが、ショックリーダーを使う使わないは個人の好みの問題ですので、特に使わなくても問題はありません。