1 この記事の概要について

  大分県蒲江沖のオニカサゴ等を狙う中深場の根魚五目(片天秤仕掛け)について紹介しています。

  記事のトップの画像は、この海域に多いチカメキントキです

10年程昔はよく釣れた2キロオーバー、最近はだいぶ減りました。
タイラバでもかなり釣れるオニカサゴ(釣り方は別記事で紹介)

2 この海域の釣り方等について

 タックルは、ヤリイカのタックルでも良いですが、私はライト泳がせのタックルを使っています。

(ヤリイカ竿でも9:1の超先調子の竿は向きません。8:2ぐらいまでがおススメ)

理由として、ヤリイカの硬い竿は当たりを取りやすいですが、うねりがある場合、巻き上げの時にバラすことがあるためです。

リールはダイワの300~500番サイズで、道糸はPE3~4号を400m以上巻きます。(高切れ対策のため)

シマノならば2000番~3000番がおススメです。

仕掛けは関東の鬼カサゴ釣りと同様に天秤仕掛けです。

天秤のサイズは45~50センチ程のやや大型の物を使います。

線径は2.3mm程の太い物が良いです。(細いと曲がって壊れます。)

スイベルは3号サイズ、親子サルカンは3×4号サイズで極端に大きなスイベルやサルカンは不要です。

ヨリトリビーズを使うと根掛かりをした際に仕掛けが全壊するのでおススメしません。

仕掛けは幹糸が10号、ハリスは8号が最適です。

(一回り落としても問題はありませんが、時々大型の魚がかかることもあるので、太い方が良いです。太くても食いに影響がないです。(太くても幹糸10号、ハリス8号まで))

針は鬼カサゴの18号を使います。ひねりがないものが最適です。

ひねりがあるものは餌が回転するため、仕掛けに撚れができ易いです。

仕掛けの長さは、幹糸が60センチ、60センチ、ハリスが80センチのトータル2mです。

枝スは25~30センチです。

枝スが長いと絡みやすくなるので、これぐらいの長さが最適です。

餌はサバがおすすめで、イカは食いが悪いのでダメです。

この海域で釣っているとよくアマダイも釣れてきます。

アマダイ狙いにはオキアミもありと思いますが、関東とは異なり、こちらの海域は特に外道の小魚が多く、おすすめしません。

そのため、外道対策としてサバの短冊がおススメです。

餌の鯖は冷凍の物はダメで、塩鯖のフィレ等も表皮の輝きが悪いので、なるべくは前日にスーパーで新鮮な半身を買い、短冊にし、塩やアミノ酸で漬け込む必要があります。

どうしても入手ができない場合は、冷凍のサバを購入し、アミノ酸や塩で締めて、エサ持ちを良くする必要があります。(余分な肉をそぎ落とすことも大切(皮1枚ぐらいの状態にする。)で、余分な肉が付いていると自分の仕掛けに絡むことが多くなるだけでなく、仕掛けの抵抗が増し、オマツリのトラブルが多くなります。)

針に付けるタコベイトは鬼カサゴ用の物が最適で、オレンジ系やピンク系に食いが立ちます。

ケイムラに拘る必要はそれほどありません。

タコベイトのサイズは大きいと食いが悪いです。(ヤマシタのパニックベイトならMサイズまで(3号相当))

釣り方は、基本的には着底したら1.5~2m程底から仕掛けを上げて5秒待ち、それから5~10m程仕掛けを上げて落とし直しをします。

これの繰り返しです。

潮が動いている時は、それほど高い場所まで巻き上げる必要はなく、潮が動いていない時は、着底ポイントを大きくずらさないと食わないことが多いため、10m程上まで巻きます。

巻き上げの際は、あまり速く上げず、リールの速度(シマノ)なら4~7までの間で巻くのがおすすめです。

漁礁回りの場合は、上記と異なり、着底したら5秒待ち、そこから速度7~10ぐらいで10m巻き上げ落とし直しをすることにより、根掛かりを回避しつつ釣ります。

特に、漁礁回りは極端な高低もあり、錘が漁礁に当たり竿先が跳ねたら急いで巻く必要もあります。
極端に登っている状態の時は、速度10で巻きます。

注意すべき点としては、置き竿にしないこととマメに底取をすることです。

また、根掛かりした際は、ルアーをする釣り人がよく使う、棒状のラインブレーカーを使用することです。

時々見るのが、石鯛釣りなどで使うような輪っかのようになっているもので、これは高切れしやすくなるので、使わない方が賢明です。

大分県蒲江沖の根魚は、マイナーですが、非常に魚影の濃い海域で釣果も比較的安定しているのでお勧めです。

なお、時々、80リッターサイズの大型クーラーを持ち込む他の人のことを考えていないマナーの悪い人がおり、かなり険悪になるため、そのようなことがないようにクーラーは最大でも50リットルサイズまでにしたほうが良いです。

(50リッター満タンは、10数年通ってますが過去に1回しかありません。(竿頭で他の人達の倍以上釣った時のみ)基本的には、35リットルぐらいで十分です。)

マハタ専門に狙った時の釣果の一部(片天秤の仕掛けではここまでクーラーは埋まりません。)
沖の瀬周りで1日やった時の釣果の一部(アジの泳がせ)

※一応、エサの準備が非常に面倒くさいのですが、おススメの釣り方も紹介します。

 内容は、上の画像のマハタ達を釣った際の仕掛け等についてです。

 記事→ https://tyokinbako9901.jp/archives/584